BUSICOMは、設立30周年をむかえました。これからも、お客様とお店とメーカーをシステムで繋ぎます。POSレジ、クラウドソリューション、店舗プロモーションや店舗周辺機器の提供をしております。

FC本部向けASP・SaaS型店舗本部管理システム「TenpoVisorフランチャイズ版」発表

お客様 各位

  • 2010年10月20日
  • 株式会社ビジコム
  • 代表取締役社長 中馬 浩

株式会社ビジコムは、フランチャイズ本部向けASP・SaaS型店舗本部管理システム
「TenpoVisorフランチャイズ版」を2010年10月20日より販売いたします。

流通向けソリューション及びパソコンPOSシステム開発及び販売を行っている株式会社ビジコム(所在地:東京都文京区 代表取締役社長:中馬 浩)では、売上日報や在庫、商品、顧客、ポイント等のPOS情報を本部での一元管理や各店舗でリアルタイムに情報共有を可能としたASP・SaaS型店舗本部管理システム「TenpoVisor」を2003年より約2000店舗のお客様にシステム提供をしておりました。
今回のフランチャイズ版は、フランチャイズ傘下の経営が異なるフランチャイジー毎にPOSデータの閲覧制限が可能で、フランチャイズ本部(以降FC本部)の管理データと各フランチャイジーに把握させたい共有データの一元管理が可能です。ASP・SaaS型店舗本部管理システム「TenpoVisorフランチャイズ版」の販売を2010年10月20日(水)より開始いたします。

ASP・SaaS型店舗本部管理システム「TenpoVisor」では、各支店の売上日報や在庫状況、商品稼動、顧客情報、ポイント等のPOS情報を、インターネットを使い自動集計し本部で管理、ブラウザを使い全ての店舗でリアルタイムに情報共有を行えます。しかし、フランチャイズグループでは、FC本部の下に、会社単位で複数店舗がFC加盟しているフランチャイジーや、FC本部の直営店など、情報を共有させるグループと情報共有させないグループが有り、尚且つFC本部は全てのFC加盟店の情報を管理する必要があります。 複雑なFC本部の店舗管理に対応させ、フランチャイジー毎に閲覧制限機能を持たせたシステムが、ASP・SaaS型店舗本部管理システ「TenpoVisorフランチャイズ版」です。

「TenpoVisorフランチャイズ版」は、FC本部向けのシステムであり、直営店舗だけではなく、各フランチャイジーまでの、集計・管理等に手間の掛かる多店舗のデータを自動で収集し、一元管理することが可能です。
フランチャイズ傘下のフランチャイジーは、フランチャイジーの経営する店舗のみの集計が可能で、フランチャイズ本部と同等の帳票が閲覧できます。売上日報や在庫状況、商品稼動、顧客情報等の共有させたい情報以外のデータをFC本部又は、フランチャイジーのみで管理することで、本部及びフランチャイジーは安心して経営に集中することができます。
このフランチャイズ版は、FC本部でなくても、エリアマネージャーの管理ツールとしてもご利用頂けます。
エリアマネージャーが管轄するグループ店舗のみを管理することも可能です。
また、事業部毎に業種が違うFC本部様においては、業種単位で管理する事も可能。
「TenpoVisorフランチャイズ版」を導入する事により、今まで本部で行っていたフランチャイジー毎の集計作業がなくなり、煩雑な作業が軽減されます。 また、フランチャイジーは好きな時に自社グループ内の売上日報や在庫状況、商品稼動、顧客情報、ポイント等のPOS情報をブラウザから入手が可能と、FC本部もフランチャイジーにもメリットのあるシステムとなっております。
「TenpoVisorフランチャイズ版」を利用して多角的に集計・管理されたデータは、インターネット・ブラウザで閲覧が可能であり、 FC本部、フランチャイジーともに、パソコンはもちろん、携帯電話(i-mode等)やスマートフォン、PDA等でいつでもどこでも必要な最新情報を入手できます。
フランチャイジーも店舗のPOSシステムの売上、在庫、商品、顧客、ポイント等の明細情報をインターネット回線を利用してパソコンのブラウザから閲覧・管理を行うことが可能な、画期的な新システムとしてご利用いただけます。

【商品名】
ASP・SaaS型店舗本部管理システム「TenpoVisorフランチャイズ版」
【開始日】
2010年10月20日(水)
【利用料】
月額 5,000円~(税別)
【URL】
https://www.tenpovisor.com/system/groupmanagement.html
【推奨環境】
・パソコン・ルーター
・Internet回線(ADSL、FTTH等)、プロバイダ加入、
・Windows:Internet Explorer 6 以降

TenpoVisorサーバは、大手IDC(インターネット・データセンター以降IDC)を使った、ASPをビジコムが保守・運用を行っているので、本部管理システムを構築する初期サーバ構築費用や、保守・運用の人件費等がなく、サービスの利用開始をローコストでスピーディーに行えます。 IDCの中にあるため365日、24時間、データ送信、参照が可能で、そのサーバの維持も専任のオペレーターが監視します。 導入から運用までは、インターネットに接続できる環境があれば、IDCへの登録と店舗端末設定を行い、約1週間で運用開始できます。
当社としては、今後も末永く店舗様と共に、時代の変化に対応したシステム提供を続け、ご利用のお客様と共にさらなる店舗の活性化を目指していきます。

【株式会社ビジコムについて】
会社名
株式会社ビジコム
代表者
代表取締役 中馬 浩
所在地
東京都文京区関口1-20-10住友不動産江戸川橋駅前ビル
創  業
1986年3月
事業内容
流通向けソリューション及びパソコンPOSシステムの開発と販売
HP
http://www.busicom.co.jp/
【プレスリリースに関するお問い合わせ】
株式会社ビジコム
広報担当 :岩田
〒112-0014
東京都文京区関口1-20-10住友不動産江戸川駅前ビル
TEL:03-5229-5190/FAX:03-5229-5199
E-Mail:mailto:iwata@busicom.co.jp

プレスリリースラインナップ