BUSICOMは、設立30周年をむかえました。これからも、お客様とお店とメーカーをシステムで繋ぎます。POSレジ、クラウドソリューション、店舗プロモーションや店舗周辺機器の提供をしております。

これからの未来を担う世代(20代~40代)の社員の年収を3%アップ

報道関係者 お客様 各位

  • 2013年3月26日
  • 株式会社ビジコム
これからの未来を担う世代(20代~40代)の社員の年収を3%アップ

流通向けソリューションおよびPOSシステム開発の株式会社ビジコム(所在地:東京都文京区、代表取締役:中馬浩、以下ビジコム)は、2013年4月よりこれからの未来を担う若者世代(20代~40代)の社員年収を3%アップ致します。

今年3月で27周年を迎えたビジコムは、流通業・店舗向けシステムを100業種以上の業種業態にPOSパッケージを導入し、様々な店舗・業種の栄枯盛衰を見てきました。現在日本は、長引くデフレが経済の大きな足かせとなり、賃金水準の低下が更にデフレを根付かせるというスパイラルが続いております。

更に、消費税率の引き上げを始めとした、各種経済政策による家計への負担増が可処分所得をますます減少させ、閉塞した経済環境から長らく脱却できないという状況に置かれております。このスパイラルを脱却し、日本経済を新たに成長させていく為には、働く人の賃金を上昇させることが重要な役割を果たすことは明らかであり、そこから日本経済の景気の回復が始まるものと考え、大手企業の春闘が続く中、現在日本の90%を超える中小企業こそが、社員へ給与還元していくことが、日本経済をデフレから脱却させ持続的な経済成長を実現する要になると考え、消費意欲の高い若い世代の年収を、定期昇給プラス3%アップの昇給を実施することと致しました。

ビジコムでは、社員の年収を着実に増やすことで、社員の仕事へのモチベーションを高め、企業の収益向上に繋げて参ります。また、今後は若い世代の頑張りを公平に評価できる指針を取り入れた上で、若い世代の個人所得を上昇させるような賃金カーブに給与体系を改めていく考えです。

今後も、消費力のある若者の個人所得をアップさせ続けることを今後の課題として務め、さらにはシステム導入店舗様を始め、その従業員の収入増にもつながるように、収益を増加させるシステム提供、バージョンアップも実施してまいります。

【会社概要】
会社名
株式会社ビジコム
代表者
代表取締役社長 中馬 浩
資本金
7,000万円
創 業
1986年3月
所在地
東京都文京区関口1-20-10 住友不動産江戸川橋駅前ビル
連絡先
TEL:03-5229-5190(代) FAX:03-5229-5199
URL
http://www.busicom.co.jp/
E-mail
info@busicom.co.jp
事業拠点
東京本社・大阪支店・福岡営業所・岩国事業所・周防大島サテライトオフィス
事業内容
コンピューターシステム開発及び販売
各ショップに対するコンサルタント
◎流通関連システムの開発 
パソコンPOSシステムの開発と販売 
・パソコンPOS関連システム「BCPOS」 ( https://www.bcpos.jp/ )
・AndroidタブレットPOSシステム「Padpos」 ( http://www.padpos.jp/ )
◎流通向けASP開発 
・ASP・SaaS型店舗本部管理システム「TenpoVisor」 ( https://www.tenpovisor.com/ )
・店舗携帯プロモーションシステム「みせめぐオーナー」  ( http://misemeg.jp/promo/push.html )
◎流通関連機器販売 
POS周辺機器、バーコード関連機器、店舗消耗品の販売「パソコンPOSセンター」 ( http://www.poscenter.jp/ )
【報道関係お問い合わせ先】
株式会社ビジコム
広報担当 :岩田
TEL:03-5229-5190/FAX:03-5229-5199
E-Mail:mailto:iwata@busicom.co.jp

プレスリリースラインナップ