ニュース プレスリリース

クラウド型本部管理システム「TenpoVisor」発売から10周年!

報道関係者各位

2013年6月11日
株式会社ビジコム
代表取締役社長 中馬 浩
 

クラウド型本部管理システム「TenpoVisor」発売から10周年!
~おかげさまで3,500社導入達成記念キャンペーン実施!~

 

流通向けソリューションおよびPOSシステム開発の株式会社ビジコム(所在地:東京都文京区、代表取締役:中馬浩、以下ビジコム)が開発・販売する、クラウド型本部管理システム「TenpoVisor(テンポバイザー)」は、2013年6月をもちまして発売開始から10周年を迎えました。今までのご愛顧に感謝を込めまして、本日6月11日(火)から7月31日(水)まで“10th Anniversaryキャンペーン”を開催いたします。
https://www.tenpovisor.com/tv10th.html

クラウド型本部管理システム「TenpoVisor」は、2013年6月で10周年を迎えました。おかげさまで、3,500社の導入を達成いたします。2003年に一般家庭向けの光回線(FTTH)が普及したことにより、インターネットの導入が急速に拡大したため、店舗運営においてインターネット環境が活用できると考えました。ビジコムでは、ネットワーク経由でサービス提供するクラウドサービスとしてクラウド型本部管理システム「TenpoVisor」”の発売を開始いたしました。
https://www.tenpovisor.com/

「TenpoVisor」は、各店舗のPOSデータの売上、明細、商品、在庫、顧客や売上比較、在庫比較、顧客情報などのPOSデータがインターネットを経由してサーバに転送され、ウェブブラウザ上で全店舗の集約した情報を閲覧することができるので、本部での一元管理や店舗間のリアルタイムでの情報共有を実現いたします。さらに、「TenpoVisor」の料金体制は、クラウドサービスのためサーバ・ソフト購入や開発の必要がないため、システム導入の初期費用の軽減だけでなく、導入後の管理・運用・保守やメンテナンスなどの人的コストの負担も軽減できます。「TenpoVisor」は、店舗経営に負担なく長くご利用頂ける月額5,000円/店舗でご利用して頂くことができます。 今後も、更なる品質向上をめざし、店舗業務効率化へ貢献できるシステム提供をしていきます。

「TenpoVisor」10周年Anniversaryキャンペーン

※キャンペーン期間※
2013年6月11日(火)~2013年7月31日(水)
(キャンペーンは終了致しました。期間中のご利用・ご応募、誠にありがとうございました。)


会社概要

会社名株式会社ビジコム
代表者代表取締役 中馬 浩
資本金7,000万円
創 業1986年3月
所在地〒112-0014 東京都文京区関口1-20-10 住友不動産江戸川橋駅前ビル
連絡先TEL:03-5229-5190(代) FAX:03-5229-5199
URLhttps://www.busicom.co.jp/
E-mailinfo@busicom.co.jp
事業拠点東京本社・大阪支店・福岡営業所・岩国事業所・周防大島サテライトオフィス
事業内容*流通関連システムの開発と販売
​・レジアプリ「あっと決済」
( https://www.busicom.co.jp/product/atkessai/)
・POSレジアプリ「BCPOS」
( https://www.busicom.co.jp/bcpos/)
・免税書類作成システム「あっと免税」
( https://bc-taxfree.jp/ )
*流通向けクラウドシステム開発
・クラウド型店舗本部管理システム「TenpoVisor」
( https://www.tenpovisor.com/ )
・無料集客アプリ「みせめぐ」
( https://www.busicom.co.jp/misemeg/ )
*流通関連機器販売
・POS用周辺機器/消耗品通販サイト「パソコンPOSセンター」
( https://www.poscenter.jp/ )

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社ビジコム
TEL:03-5229-5190/FAX:03-5229-5199
E-Mail:iwata@busicom.co.jp

-ニュース, プレスリリース