ニュース プレスリリース

「Padpos」が、モバイル端末向けクレジット決済サービス 「Coiney」と連携!

報道関係者各位

2014年6月21日
株式会社ビジコム
代表取締役社長 中馬 浩
 

小売業やサービス業の会計業務に革新!

Android POSレジアプリ 「Padpos」 とモバイル端末向けクレジット決済サービス 「Coiney」 が連携
最短2日でAndroidのスマホやタブレットのクレジット決済が可能に

 

流通向けソリューションおよびPOSシステム開発を行う、株式会社ビジコム(所在地:東京都文京区、代表取締役:中馬浩、以下:ビジコム)ではこの度、Android端末を活用したPOSレジアプリ「Padpos(パドポス) http://www.padpos.jp」をさらに使いやすくするため、コイニー株式会社(所在地:東京都渋谷区 代表取締役社長:佐俣奈緒子、以下:コイニー)が展開する、モバイル端末向けクレジットカード決済サービス「Coiney(コイニー)http://coiney.com/」と連携しました。

接客・販売から商品・顧客管理、クレジット決済までを簡単に!
コイニーと連動したAndroid端末のPOSレジシステム

昨今、小売店や飲食業など中・小規模の店舗でも、従来のレジスターによる売り上げ管理からタブレットやスマートフォンを活用したPOSシステムへの移行が進んでいます。ビジコムが開発・販売を手掛けてきた「Padpos(パドポス)」は先ごろ、完全無料で使い続けられるAndroid POSレジアプリ「Padpos Free」を追加し好評を得ました。小売業やサービス業などへのPOSシステム導入を着実に後押ししています(iOSには対応していません)。

今回、「Padpos(パドポス)」は新機能として「Coiney(コイニー)」が提供するクレジット決済サービスを取り入れました。アプリケーション上でのクレジット決済を可能としたことで、接客~販売~会計の流れがより簡素化され、顧客の満足度が高められると期待されています。

コイニーはこれまでに複数のPOSメーカーと提携していますが、スマートフォンのAndroid端末でソフトウェア開発・情報一式(SDK)の連動をしたものはビジコムの「Padpos」のみで、業界初の試みとなります。Android端末はiOSと比較して、機種が豊富で汎用性が高いので、SIMフリーの利用やインターネット接続の契約を見直すことで、より安価に導入できます。これはPOSシステムを検討している店舗には大いにメリットになる情報です。

ビジコムは1986年の創業時から28年間におよぶ売上管理システム開発のノウハウの蓄積により、本格的なPOSシステムを提供することに成功。多店舗展開している企業や、これから系列店を増やしていく場合などは、Padposのオプションサービス・クラウド本部管理システム「TenpoVisor」などを使うことにより、店舗・本部のデータが一元管理できるようになります。


【 Android POSレジアプリ「Padpos」+クレジット決済サービス「Coiney(コイニー)」 】

●スマホ、タブレットに商品画像を登録。簡単に在庫を確認でき、商機を逃さない。
●スマホ、タブレットがそのままレジとなり、接客から販売・クレジット決済までを素早くこなす。
●レシートプリンタやバーコードスキャナなどの周辺機器に対応。
●クラウドオプションを利用すれば複数店舗、本部の商品・顧客情報を一括で管理。

コイニー株式会社(Coiney Inc.)について
コイニーは、2012年3月23日に設立された、スマートフォンやタブレットと専用のカードリーダーを用いた事業者向けのクレジットカード決済サービス「Coiney(コイニー)」を展開している企業です。スマートフォンやタブレットのイヤホンジャックにCoiney専用リーダーを挿入し、専用アプリを使うことで、インターネット環境があれば屋内外問わず、いつでも、どこでも、かんたんにクレジットカード決済を行うことが出来ます。※ Coineyの導入費用および月額費用は無料、決済手数料3.24%。Coiney独自の「サインレス機能」により10,000円以下の決済の場合は、カード利用者のサインが不要です。各種飲食店・販売店・小売店・美容院・医療施設・宿泊施設・チケットカウンター・イベント会場など、決済が行われる幅広いシーンで採用されています。
(参照URL: http://coiney.com/)
カード加盟店契約にあたり、クレジットカード会社の審査がございます。審査の結果、Coineyをご利用いただけない場合もございます。

株式会社ビジコムについて
ビジコムは、1986年3月21日に設立された、流通・小売向けソリューションおよびPOSシステム開発・販売を展開している企業です。発売から11年を迎えたパソコンを活用したPOSアプリケーション「BCPOS」やAndroid端末のスマートフォンやタブレットを活用したPOSアプリ「Padpos」、POSデータを一元管理できるクラウド管理システム「TenpoVisor」などのPOSソリューションを小売業・サービス業向けにサービス提供しています。市販されているパソコン、スマーフォン、タブレットでワンパッケージで導入できるため、初期導入費用を抑え、100種類以上の業種の幅広い店舗で採用されています。
(参照URL: http://www.busicom.co.jp/ )


会社概要

会社名株式会社ビジコム
代表者代表取締役 中馬 浩
資本金7,000万円
創 業1986年3月
所在地〒112-0014 東京都文京区関口1-20-10 住友不動産江戸川橋駅前ビル
連絡先TEL:03-5229-5190(代) FAX:03-5229-5199
URLhttps://www.busicom.co.jp/
E-mailinfo@busicom.co.jp
事業拠点東京本社・大阪支店・福岡営業所・岩国事業所・周防大島サテライトオフィス
事業内容*流通関連システムの開発と販売

・POSレジアプリ「BCPOS」
https://www.busicom.co.jp/product/bcpos/

・免税システム「あっと免税」
https://www.busicom.co.jp/product/taxfree/

・旅館・ホテル向けシステム「あっとパスポート」
https://www.busicom.co.jp/product/atpassport/

・無料レジアプリ「あっと決済」
https://www.busicom.co.jp/product/atkessai/

*流通向けクラウドシステム

・クラウド型店舗本部管理システム「TenpoVisor」
https://www.busicom.co.jp/product/tenpovisor/

・店舗集客アプリ「みせめぐ」
https://www.busicom.co.jp/product/misemeg/

*流通関連機器販売

・POS⽤周辺機器/消耗品通販サイト「POSセンター」
https://www.poscenter.jp/

・お店の業務をもっと便利にするオンラインストア「SHOPNEEDS」
https://www.shopneeds.jp/

【本件に関するお問い合わせ】
株式会社ビジコム
TEL:03-5229-5190/FAX:03-5229-5199
E-Mail:iwata@busicom.co.jp

-ニュース, プレスリリース