BUSICOMは、創業30周年をむかえました。これからも、お客様とお店とメーカーをシステムで繋ぎます。POSレジ、クラウドソリューション、店舗プロモーションや店舗周辺機器の提供をしております。

新触感!AndroidタブレットPOS「Padpos」 発売決定

AndroidタブレットPOS「Padpos」 発売決定

報道関係者 お客様 各位

  • 2012年10月24日
  • 株式会社ビジコム
レジもカタログも不要!タブレット1台で商品選びから決済まで
新触感!AndroidタブレットPOS「Padpos」 発売決定

新提案の「接客×販売」タブレットPOSで売上アップを実現!

流通向けソリューションおよびPOSシステム開発の株式会社ビジコム(所在地:東京都文京区、代表取締役:中馬浩、以下ビジコム)は、Android端末を活用したタブレットPOSシステム「Padpos(パドポス)」を開発。2012年10月24日(水)よりβ版の体験アプリをGooglePlayに公開し、2012年11月1日(木)より正式販売いたします。
http://www.padpos.jp/

小売店・飲食店・アパレルショップ・美容院・サロンなど月額3800円の低コストで導入できるタブレットPOS

アパレルショップや小売店で、顧客が気に入った商品に対し在庫確認や他のサイズ・色の紹介を行う場面があります。

このような場合、手元のタブレットで商品写真を多数見せながら接客できれば商機を逃がさず、客単価のアップにもつながります。

ビジコムでは、タブレットPOS「Padpos(パドポス)」を開発。多数の商品写真を登録し、手元で簡単に呼び出すことができます。また、商品写真を見せながら、その場で決済できる販売機能も搭載。
http://www.padpos.jp/

Bluetooth接続のプリンターでレシートを出力も可能で、「レジいらず、カタログいらず」の接客販売を実現いたしました。 10/24(水)に無料体験版のβ版アプリをGooglePlayにて公開し、11/1(木)より正式販売いたします。
GooglePlayからダウンロード

【タブレットPOS「Padpos」特徴】
1.Androidタブレットで商品在庫・画像を呼び出せる

店頭での在庫確認や、ネイル・エステなどで商品がその場に無い場合でも、タブレットに全ての商品画像を 登録して呼び出すことが可能。
在庫もリアルタイムで確認できるため、商機を逃がしません。

2.小型の持ち歩けるタブレットだから省スペースで利用可能、接客したその場で提案から決済までが可能

タブレットがそのままレジとなり、その場で決済が可能。
バーコードやレシートプリンターを無線で接続し、ワゴンセールや臨時販売にも便利です。

3.ASP本部管理システムとの連携で全店舗の在庫やポイント、顧客をリアルタイムで確認

POSデータを一元管理できる「Tenpo Visor」との連携(オプション)で、全店舗の発行ポイント、顧客の購買履歴や他店の在庫状況をタブレットで閲覧可能。
顧客の好みを反映した提案販売が行えます。

4.タブレットならではの直感操作!

AndroidOSのタブレットPOSは、初心者でも直感的に操作ができます。
◆全店舗の在庫・売上を一元管理できるASPと連携!
「ワンストップ接客販売」「リアルタイム販売管理」が可能に
「Padpos」をスタッフが持って接客することで、アルバイトスタッフでもスムーズな商品説明や顧客への提案が可能となります。ネイルサロンでネイルの色やデザインの紹介、アパレルショップで入荷予定商品や在庫を確認 するなど、販売機会の拡大につながります。
ASP本部管理システム「TenpoVisor」との連携により、全店舗のPOSデータ、売上・在庫・顧客・ポイントがの一元管理が実現できます。それにより、全店舗の顧客情報やポイント情報、顧客情報や他店在庫もリアルタイム で引き出せるようになりました。
★ASP・SaaS型本部管理システム「TenpoVisor」
http://www.tenpovisor.com/

【「Padpos」商品概要】
〔利用料〕 月額3,800円/1台
※複数台、複数店舗利用の場合の料金体系は11月1日よりサイトにて↓
http://www.padpos.jp/
〔購入方法〕
1.GooglePlayより無料β版アプリをダウンロード。
※15日間無料で試せます。
ダウンロードはこちらから
2.Padposアプリより正式申込すると専用認証コードが発行。
※認証コードの設定により製品版がご利用いただけます。

◆パソコンPOSの技術で「新しい接客販売」を引き出す
ビジコムは、POSシステムの販売を開始して27年目となります。
その間、パソコンPOS・WebPOS・ハンディPOSシステムや、全店舗POSデータ一元管理ができるASP・SaaS本部管理システム「TenpoVisor」など最先端のシステムを開発してきました。
「弊社が築いてきたノウハウにタブレットPOSが加わり、よりきめ細かいリアルタイムの接客販売が可能になりました。低コストで最新のソフトウェアが利用できるのもポイントです。今後の接客販売のトレンドになる Padposを無料ダウンロードで、まずお試していただければ」(代表) 
ビジコムでは、2013年末までに「Padpos」を3000台、2015年末までに3万台の導入を目指しています。

■パソコンPOSシステム【BCPOS】
http://www.bcpos.jp/
月額5,000円~レントウェア方式でご利用して頂くことができるPOSシステムです。
『BCPOS』は、販売と同時に、売上、仕入等の管理が可能になり、在庫、顧客、お店の情報を格段に向上させることができます。発売より14年間で100業種9500店舗の導入実績。

【株式会社ビジコムについて】
会社名
株式会社ビジコム
代表者
代表取締役 中馬 浩
所在地
東京都文京区関口1-20-10住友不動産江戸川橋駅前ビル
創  業
1986年3月
事業内容
流通向けソリューション及びパソコンPOSシステムの開発と販売
HP
http://www.busicom.co.jp/
【本件に関するお問い合わせ】
株式会社ビジコム
広報担当 :岩田
〒112-0014
東京都文京区関口1-20-10住友不動産江戸川駅前ビル
TEL:03-5229-5190/FAX:03-5229-5199
E-Mail:mailto:iwata@busicom.co.jp

プレスリリースラインナップ