「eあっと免税」は月額980円から導入可能な免税電子化システムです。
マルチOS (Windows / iOS / Android) 対応で、スマホでも簡単にご利用いただけます。

現在ご利用中のユーザー様は、無償バージョンアップでそのままご利用可能です!

「手書き免税販売」のお店様に最適!

【導入手引きはこちら】

※他社送信タイプはWindows・Android:1,480円(税別)、iOS:1,600円(税込)

免税販売データの送信方法

自社送信タイプと他社送信タイプ

株式会社ビジコムは「承認送信事業者」です。
(承認送信事業者識別符号:3-0100-0100-6604-0140-0001)

※免税手続を電子化する際に、免税店に代わって国税庁へ購入記録情報を送信します。

①自社送信タイプ

店舗(事業者)自ら購入記録情報を国税庁に送信するタイプ

■メリット

  • 店舗の端末から免税データを送信するため、送信手数料がかかりません。

■デメリット

  • 免税データを紙またはデータで店舗に7年2か月保管する必要があります。
  • 免税データを送信する端末に「クライアント証明書」のインストールと、
    3年ごとの更新手続きが必要となります。

②他社送信タイプ

承認送信事業者(ビジコム)が購入記録情報を国税庁に送信するタイプ

■メリット

  • ビジコムサーバー経由で店舗の免税データを国税庁に送信するため、
    店舗の端末へのクライアント証明書のインストールや更新が必要ありません。
  • 免税データはビジコムのクラウドサーバーに保管されるので、店舗での保管義務が容易になります。
  • クラウド上で、免税販売データの閲覧・分析が可能です。

■デメリット

  • アプリ料金のほかに、他社送信オプション料金(手入力プラン500円、POS連動2,000円、初期設定費)がかかります。

選べる3つのプラン

プラン1

手書きで免税販売をしている
店舗におすすめ

eあっと免税手入力プラン

iOS・Android・Windows対応

月額980円~(税別)

Win Win And iOS
自社送信 他社送信
980
(税別)
1,480
(税別)
1,480
(税別)
1,600
(税込)

プラン2

商品管理を徹底!
ビジコムPOSレジ連動

ビジコムPOSレジ連動プラン

Windows対応

月額980円~(税別)

Windows(Litefree / BCPOS)
自社送信 他社送信
980
(税別)
5,980
(税別)
2,980
(税別)
7,980
(税別)

プラン3

ご利用中のPOSレジと連動
CSV連携

POSレジCSV連携プラン

Windows対応

月額3,980円~(税別)

Windows(既存POSレジ)
自社送信 他社送信
3,980
(税別)
5,980
(税別)

eあっと免税ご利用プラン診断

手書きで免税販売をしている店舗におすすめ

プラン1eあっと免税手入力プラン

販売点数の少ないお店や、手書き帳票で対応してきたお店は、手書き代わりに
eあっと免税に販売商品を入力して免税販売データを作成できます。
お手持ちのノートPCやタブレット端末でeあっと免税をご利用いただけます。
※ iOS版のみパスポート情報をアプリで読み取り可能。(OCRリーダーアプリ連携)

自社送信タイプ 他社送信タイプ
980月額(税別)/台 1,480月額(税別)/台

※上記はWindows版・Android版の料金で年額でのお支払いとなります

※iOS版は他社送信のみ、AppStoreにて月額1,600円(税込)のお支払いとなります

  • 既存のPOSレジで
    免税販売

  • eあっと免税に免税販売した商品
    情報・価格等を入力し、パスポート
    情報を読み取り、入国日・在留資格
    などを登録

  • 免税データ送信

商品管理を徹底! ビジコムPOSレジ連動

プラン2ビジコムPOSレジ連動プラン

ビジコムのPOSレジとeあっと免税を使えば、
免税販売から免税販売データ作成、データ送信までシームレスで
対応できます。

自社送信タイプ 他社送信タイプ
980円~月額(税別)/台 2,980円~月額(税別)/台

※Windows版のみ

  • ビジコムのPOSレジで
    免税販売

  • 会計時に免税金額を
    確認しパスポート情報を
    読み取り

  • 免税販売データとパスポート情報が
    「eあっと免税」に引き継がれ
    入国日や在留資格などを登録

  • 免税データ送信

ご利用中のPOSレジと連動 CSV連携

プラン3POSレジCSV連携プラン

お使いのPOSレジで免税電子化対応ができます。
POSレジの免税販売情報を「eあっと免税連携フォーマット」(CSVデータ)
で書き出して、eあっと免税に免税販売データを取り込み、免税データを送信します。

自社送信タイプ 他社送信タイプ
3,980月額(税別)/台 5,980月額(税別)/台

※Windows版のみ

  • 既存のPOSレジで
    免税販売

  • 免税販売したデータを
    所定のフォルダに
    CSVデータで書き出し

  • 「eあっと免税」で
    対象の免税販売データを
    選択し、取り込み

  • パスポート情報を読み取り、
    入国日・在留資格などを
    登録

  • 免税データ送信

eあっと免税連携フォーマット

今お使いのPOSレジで「eあっと免税連携フォーマット」(CSVデータ)に合わせた免税販売データを作成し、eあっと免税でデータを取り込み、パスポート情報や在留資格など免税手続きに必要な情報を付加して電子データを作成し送信します。

No. フィールド名 必須 サイズ 備考
1 品名 文字型 50 一般に商品が特定できる程度に具体的な品名を記載する
2 JANコード - 文字型 13 半角数字
3 数量 文字型 4 0から9999までの整数
4 単価 - 文字型 9 0から999999999までの整数
5 販売価格 文字型 9 0から999999999までの整数
6 物品区分 文字型 1 1:一般物品 2:消耗品
7 消費税軽減税率対象区分 - 文字型 1 0:標準税率 1:軽減税率 ※省略時は標準税率

eあっと免税連携フォーマットサンプル.csv (ダウンロード)

免税電子化に必要な準備

現在免税販売を行われているお店様も、電子化対応には再度税務署へのお手続きが必要となります。

  • 税務署へ届出の提出
  • インターネット回線の接続

「免税店に登録している店舗ごとに、「輸出物品販売場における購入記録情報の提供方法等の届出書」の提出が必要となります。」

所轄税務署への届け出書類「輸出物品販売場における購入記録情報の提供方法等の届出手続き」

書類ダウンロードPDF(国税庁HPより)
記入サンプルPDF

【 参考リンク 】

■国税庁 届出書の提出先

輸出物品販売場を経営する事業者の納税地を所轄する税務署

■観光庁 免税販売手続の電子化 特設サイト PDF

免税販売手続の電子化に向けて

POSレジ連動でさらに手軽eあっと免税完全連動のPOSレジ「BCPOS」免税販売から「購入記録情報」の送信までワンストップ。
免税販売の電子化手続を最大限短縮できるようになります。

クレジットカード・電子マネー決済や、WeChat Pay、Alipay等の海外決済と国内のQRコード決済に対応。

POS連動の免税販売、仕入・在庫・販売がリアルタイムに把握できます。

自社開発・自社サポートで365日対応で安心してご利用いただけます。

多機能POSレジ BCPOSについてはこちら

免税電子化の流れ

主な機能とサポート

  • eあっと免税の主な機能

    パスポート情報読み取り /旅券の種類選択 /入国日・入国地選択 / 出国日・フライト便名選択 /在留資格選択 /運送事業者選択 / 多言語設定 /購入記録表履歴表示 /日報 /月報表示 /パスワード設定 /サーバデータ連携(TenpoVisor連携) /CSV出力 /POSデータ連携 (CSV取り込み) /データバックアップ・リストア /各種選択項目登録 /免税電子データ作成・送信

  • クラウド免税データ保存

    免税販売情報はデータや帳票で約7年2ヵ月間の保存義務があります。承認送信事業者送信ではクラウドサーバに免税データのバックアップが自動的に行われるため安心。免税品の購入情報をビジコムのクラウドサーバに保存。データの紛失や破損、バックアップの心配がありません。

  • 安心のサポート体制

    各種お問い合わせやソフトウェアのインストール・操作方法など、電話にてサポートを承っております。

eあっと免税動作環境※インターネット回線等に接続できる環境が必要です。

  • OS:Windows8.1, 10
    解像度:1,024 × 768
  • OS:AndroidOS 6.0以上
    ※Intel製CPU搭載のAndroidタブレットは未対応です。
  • OS:iOS 11以上
ダウンロード|ご利用お申込み
今すぐ資料請求