月額980円で
免税電子化スタート!

「eあっと免税」はマルチOS(Windows、iOS、Android)対応の免税電子化アプリです。
Windows端末をお持ちの場合、手入力プラン/自社送信タイプは、月額980円から始められます。
iOS版や、現在お使いのPOSレジからご利用いただけるプランもご用意しています。

はじめてご利用の方向け「 eあっと免税導入の手引き」

免税販売データの
送信方法

自社送信タイプ

購入記録情報の送信

事業者(免税店)から送信

購入記録情報の保存

事業者(免税店)が7年間保存

他社送信タイプ

購入記録情報の送信

ビジコム(承認送信事業者)を介して送信

購入記録情報の保存

ビジコムクラウドで7年間保存

ビジコムは国税庁から承認送信事業者の認可を受けた事業者です。(承認送信事業者識別符号:3-0100-0100-6604-0140-0001)

購入記録情報の送信方法について
詳しくはこちら

操作動画

アプリの起動から免税データの送信までを、
分かりやすい操作動画でご説明しています。

※iOS版 手入力プラン

選べる3つのプラン
Plans

プラン1

eあっと免税
手入力プラン

手書きで免税販売を
している店舗におすすめ!

月額

980円~

プラン2

ビジコム
POSレジ連動プラン

商品管理を徹底!
POS連動

月額

980円~

プラン3

POSレジ
CSV連携プラン

今あるレジと連携!
CSV連携

月額

3,980円~

プラン選びでお悩みの方!

eあっと免税ご利用プラン診断

eあっと免税手入力プラン

プラン
1

手書きで免税販売をしている
店舗におすすめ

販売点数の少ないお店や、手書き帳票で対応してきたお店は、手書き代わりに「eあっと免税」に販売商品を入力して免税販売データを作成できます。アプリ単体でご利用が可能です。

※iOS版はパスポート読み取りアプリに対応。
(オプション:OCRリーダーアプリ連携)

手入力プラン導入の手引きはこちらから

免税の流れ

STEP.1

「eあっと免税」に免税販売した
商品情報・価格等を入力

STEP.2

パスポート情報、入国日・在留資格などを
入力または登録

STEP.3

免税データ送信

料金

eあっと免税
利用料
自社送信
タイプ
他社送信
タイプ
Windows版 980円/月 1,480円/月
Andorid版 - 1,480円/月
iOS版 - 1,600円/月
(税込/App Store)

※Windows版・Android版は年額での
お支払いとなります

ビジコムPOSレジ 連動プラン

プラン
2

商品管理を徹底! POS連動

ビジコムのPOSレジ「BCPOS」と「eあっと免税」の連携で、免税販売からデータ送信まで、シームレスに対応できます。

免税の流れ

STEP.1

ビジコムのPOSレジで免税販売し、
パスポート情報を読み取り

STEP.2

免税販売データとパスポート情報、
入国日・在留資格などを登録

STEP.3

免税データ送信

料金

自社送信
タイプ
他社送信
タイプ
eあっと免税
利用料
980円/月 2,980円/月
POSレジ
費用
0~5,000円/台

※Windows版のみ

POSレジCSV 連携プラン

プラン
3

ご利用中のPOSレジと連携!CSV連携

お使いのPOSレジで免税電子化対応ができます。
POSレジの免税販売情報を「eあっと免税連携フォーマット」(CSVデータ)で書き出して、「eあっと免税」に免税販売データを取り込み、免税データを送信します。

免税の流れ

STEP.1

既存のPOSレジで免税販売し、
CSVデータで書き出し

STEP.2

CSVデータを取り込み、パスポート情報、
入国日・在留資格などを登録

STEP.3

免税データ送信

料金

自社送信
タイプ
他社送信
タイプ
eあっと免税
利用料
980円/月 2,980円/月
CSV連携費用 3,000円/台

※Windows版のみ

※他社送信タイプにはクラウド免税データ保存が付いています。 ※POS連携の他社送信では初期費用(サーバー設定費)15,000円/店がかかります。 ※免税の電子化対応は、免税店の許可を受けた店舗で、所轄の税務署に「輸出物品販売場における購入記録情報の提供方法等の届出書」の提出が必要です。 ※iOS版のみオプションでパスポート情報を読み取り可能です。(OCRリーダーアプリ連携)

eあっと免税について
Feature

オールインワンPOSレジ

ビジコムのPOSレジ「BCPOS」と完全連動

「eあっと免税」は「BCPOS」と完全連動しているので、免税販売から免税データ作成、送信までワンストップで対応します。

BCPOSについて詳しくはこちら

CASHLESS

キャッシュレス決済

クレジットカード・電子マネーや、海外決済と国内のコード決済に対応。

MANAGEMENT

クラウド連動

POS連動の免税販売、仕入・在庫・販売がリアルタイムに把握できます。

SUPPORT

安心のサポート

自社開発・自社サポート・365日対応で、安心してご利用いただけます。

お使いのPOSレジとCSV連携

今お使いのPOSレジで「eあっと免税連携フォーマット」(CSVデータ)に合わせた免税販売データを作成。
eあっと免税でデータを取り込み、パスポート情報や在留資格など免税手続きに必要な情報を付加して電子データを作成・送信します。

連携フォーマットサンプル.csv

■eあっと免税連携フォーマット

クリックで拡大

主な機能とサポート

eあっと免税の主な機能

パスポート情報読み取り /旅券の種類選択 /入国日・入国地選択 / 出国日・フライト便名選択 /在留資格選択 /運送事業者選択 / 多言語設定 /購入記録表履歴表示 /日報 /月報表示 /パスワード設定 /サーバデータ連携(TenpoVisor連携) /CSV出力 /POSデータ連携 (CSV取り込み) /データバックアップ・リストア /各種選択項目登録 /免税電子データ作成・送信

クラウド免税データ保存

免税販売情報はデータや帳票で約7年2ヵ月間の保存義務があります。承認送信事業者送信ではクラウドサーバに免税データのバックアップが自動的に行われるため安心。免税品の購入情報をビジコムのクラウドサーバに保存。データの紛失や破損、バックアップの心配がありません。

安心のサポート体制

各種お問い合わせやソフトウェアのインストール・操作方法など、電話にてサポートを承っております。

eあっと免税動作環境

OS:Windows8.1, 10
解像度:1,024 × 768

OS:AndroidOS 6.0以上
※Intel製CPU搭載のAndroidタブレットは未対応です。

OS:iOS 11以上の
iPhone、iPad、iPod touch

※インターネット回線等に接続できる環境が必要です。

よくあるご質問

  • 利用できるOSは何がありますか?

    Windows、Android、iOS、iPadOSでご利用いただけます。

  • 月額980円で免税電子化できますか?

    Windows版の自社送信タイプは、月額980円で免税電子化に対応できます。

    その他のよくあるご質問はこちら

免税電子化について
Tax-free

免税店が訪日外国人観光客に免税販売する際に、購入記録情報(免税データ)を国税庁サーバーへの送信が義務化となります。
免税電子化に対応するためには、購入情報とパスポート情報をあわせた免税データを作成するシステムの導入、インターネット環境、所轄の税務署への届出書の提出などが必要です。

免税電子化の流れ

購入記録情報の送信方法

購入記録情報の送信方法は、免税店が国税庁の免税販売管理システムに直接送信する「自社送信」、ビジコム(承認送信事業者)を介して国税庁の免税販売管理システムに送信する「他社送信」の2種類があります。

①自社送信

メリット

店舗の端末から免税データを送信するため、送信手数料がかかりません。

デメリット

免税データを紙またはデータで店舗に7年2か月保管する必要があります。免税データを送信する端末に「クライアント証明書」のインストールと、3年ごとの更新手続きが必要となります。

②他社送信

メリット

ビジコムサーバー経由で店舗の免税データを国税庁に送信するため、店舗の端末へのクライアント証明書のインストールや更新が必要ありません。
免税データはビジコムのクラウドサーバーに保管されるので、店舗での保管義務が容易になります。
クラウド上で免税販売データの閲覧・分析が可能です。

デメリット

アプリ料金のほかに、他社送信オプション料金(手入力プラン500円、POS連動2,000円、初期設定費)がかかります。

免税電子化に必要な準備

現在免税販売を行われているお店様も、電子化対応には再度税務署へのお手続きが必要となります。

税務署へ届出の提出

インターネット回線の接続

免税店に登録している店舗ごとに、「輸出物品販売場における購入記録情報の提供方法等の届出書」の提出が必要となります。
所轄税務署への届け出書類「輸出物品販売場における購入記録情報の提供方法等の届出手続き」

【参考】国税庁 届出書の提出先: 届出書の提出先輸出物品販売場を経営する事業者の納税地を所轄する税務署

ダウンロード|ご利用お申込み
今すぐ資料請求