店舗DX

POSレジに対応! キャッシュレス決済端末一覧をまとめました。

  • LINEで送る
POSレジに対応! キャッシュレス決済端末一覧をまとめました。

こんにちは。「店舗活性化委員会( ミセカツ )」です!

クレジットカード / 電子マネー / QRコード・バーコード決済など
すっかり馴染み深くなったキャッシュレス決済。
店舗では幅広いキャッシュレスに対応できる、様々な種類の決済端末を選択できるようになりました。

店舗の会計効率をより効果的にアップするためには、金額を直接受け渡すことのできる決済端末のご利用がおすすめです!

POS連動する決済端末のメリット

決済端末とPOSレジを連携するメリットは、
POSレジの販売金額を決済端末へスムーズに受け渡しができることです。
これまで金額情報の二度打ちで煩雑だったレジの会計業務が早くなるだけでなく、金額の打ち間違いを防ぎ正確に効率よく会計処理を行うことができます。

今回の記事では、POSレジと連動可能なキャッシュレス決済端末をご紹介します!

1.据置型決済端末 (CAT端末)

POS端末と連動し、レジ横に置くタイプの専用の決済端末です。
有線LANでの接続を基本とするので通信環境が安定しており、高いセキュリティ性で運用できるのが特徴です。

stera terminal

stera terminal

1台の端末でクレジットカード・電子マネー・QRコードなどさまざまなキャッシュレス決済手段に対応したオールインワン決済端末。
お客様向けとスタッフ様向けのデュアルタッチスクリーンを採用。
決済アプリケーションによる決済処理終了時には端末に内蔵されているプリンターよりレシートが印字されます。
お客様・スタッフ側画面の英語表記への切替が可能で、外国人観光客への対応に強さを発揮します。

【初期導入費用】
端末費用:97,700円(税別)
【月額利用料】
3,300円(税込)
【振込手数料】
220円(税込)
【ご利用可能な決済】
クレジット:
Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club International、Discover、銀聯
電子マネー:
交通系電子マネー、iD、QUICPay+、楽天Edy、nanaco、WAON
QRコード決済:
楽天ペイ、d払い、PayPay、メルペイ、auPAY、
ゆうちょPay、Alipay、WeChat PAY、銀聯

※決済手数料率は店舗の業種や規模などによって異なるため、事前にご確認ください。

stera pack 紹介サイト より (2024.04時点)

Verifone

Verifone

幅広いPOSレジと連動可能なVerifoneは、様々な決済手段がワンストップで導入できます。

【初期費用】
端末費用: 78,800円 (税込)
【月額利用料】
4,000円~
【振込手数料】
無料
【ご利用可能な決済】
クレジット:
Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club International、Discover、銀聯
電子マネー:
交通系電子マネー、楽天Edy、nanaco、WAON、iD、QUICPay+
QRコード決済:
PayPay、auPAY、d払い、メルペイ、楽天ペイ
Alipay、WeChat PAY

※決済手数料率は店舗の業種や規模などによって異なるため、事前にご確認ください。

Verifone(PayCAS) 紹介サイト より (SBペイメントサービス)  (2024.04時点) 

VEGA3000

JET-STANDARD(Cloud) 

【ご利用可能な決済】
Visa、Mastercard、American Express、JCB、Discover、
Diners Club International

銀聯、J-Debit

交通系電子マネー、QUICPay+、iD、楽天Edy、nanaco、WAON、

Google Pay、Apple Pay

QRコード決済
Alipay、WeChat PAY、d払い、PayPay、楽天ペイ、
Jcoin、BankPay、QUOPay、
Smart Code ( Line Pay、メルペイ、au Pay、K PLUS、銀行Pay、ゆうちょPay、EPOSPay、atone、pring、ギフティプレモPlus、Famipay、ANA Pay )

日本カードネットワーク(CARDNET) 製品紹介ページより(2022.11時点)

2.ポータブル型決済端末
(モバイル・マルチ型)

Android™などのOSが組み込まれたポータブル決済端末は、決済端末としてだけでなく、POSレジや免税販売アプリなどをインストールすることによって、店舗運営にまつわる様々な機能をサポート可能。
幅広い決済手段に対応し、持ち運び安いサイズ感などバランス性の高い端末が数多く登場しており、近年はこのタイプの決済端末の導入率が増加しています。

Square ターミナル

Square ターミナル

Square ターミナルは、どこでも、どんなお店でも、誰でもかんたんに使えるキャッシュレス決済端末です。クレジットカード、デビットカード、電子マネー、PayPayなどあらゆるキャッシュレス決済に対応し、端末一台で
暗証番号の入力やレシートの発行を行うことができます。
安全性・安定性を兼ね備え、簡単な登録ですぐに始めることができます。

対応OS:iOS (iPad ・iPhone) / Android / Windows

【初期導入費用】
端末費用 : 39,980円(税込)
【月額利用料】
無料
【振込手数料】
無料
【ご利用可能な決済】
クレジット:
Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club International、Discover
電子マネー:
交通系電子マネー、iD、QUICPay+
QRコード決済:PayPay
【決済手数料】
3.25%(対面)
・タッチ決済
・モバイル決済
・ICカード決済およびPIN入力による決済
・QRコード決済

Square公式サイトより ( 2024.04時点 )

Square リーダー

Square リーダー

スマホやタブレットに接続するだけで簡単にキャッシュレス決済に対応できる、シンプルなクレジットカードリーダーです。誰でもすぐにキャッシュレス決済をはじめられるのでご利用開始までのスピード感が速く、売上の入金も最短翌営業日に振り込まれます。

対応OS:iOS / Android 

【初期費用】
端末費用: 4,980円(税込) ※第2世代
【月額利用料】
無料
【振込手数料】
無料
【ご利用可能な決済】
クレジット:
Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club International、Discover
電子マネー:
交通系電子マネー、iD、QUICPay+
QRコード決済:PayPay
【決済手数料】
3.25%(対面)
・タッチ決済
・モバイル決済
・ICカード決済およびPIN入力による決済
・QRコード決済

Square公式サイト より ( 2024.04時点 )

PayCAS Mobile

PayCAS Mobile

モバイル型オールインワン決済端末。5インチの大画面タッチパネルでスマホ感覚で利用可能。持ち運びに便利な片手サイズでプリンター搭載のためレシート印刷にも対応。AndoridOS採用で業務アプリを搭載可能なマルチな端末です。

【初期費用】
端末費用: 78,800円 (税込)
【月額利用料】
4,000円~
【振込手数料】
無料
【ご利用可能な決済】
クレジット:
Visa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club International、Discover、銀聯
電子マネー:
交通系電子マネー、楽天Edy、WAON、nanaco、iD、QUICPay+、Google Pay、Apple Pay
QRコード決済:
PayPay、auPAY、d払い、メルペイ、楽天ペイ、Alipay、WeChat PAY、JKOPAY

※決済手数料率は店舗の業種や規模などによって異なるため、事前にご確認ください。

PayCAS Mobile 紹介サイト より (2024.04時点)

最後に

キャッシュレス決済端末一体型POSレジ「リアレジ」

ビジコムでは、上記でご紹介した決裁端末1台で会計から決済まで完結できるオールインワンPOSレジをご用意しております。

端末にレジアプリ「リアレジ」をダウンロードすることで「POSレジ」と「決済端末」両方の機能を搭載可能。
専用のPOS端末を置く必要がなく、省スペースで現金、クレジット、電子マネー、QR・バーコードの決済に対応します。
クラウドでリアルタイムに売上を集計しているので、決済端末以外のデバイスからブラウザにログインして確認できます。

2024年6月まで決済端末無料キャンペーン実施中!
初期費用を抑えてレジ導入をご検討中の方はこの機会にお申込みください。

いかがでしたか?
キャッシュレス決済の導入は、手数料や初期費用などのコストがかかるものの、様々なメリットが期待できます。
必要なコストや周辺機器などを比較した上で、店舗に合った決済端末をお選びください。

コメントを残す

*