BUSICOMは、設立30周年をむかえました。これからも、お客様とお店とメーカーをシステムで繋ぎます。POSレジ、クラウドソリューション、店舗プロモーションや店舗周辺機器の提供をしております。

POSシステムとは

POSとは

販売時点情報管理(英語:Point of sale、略称POS)-物品販売の売上実績を単品単位で集計すること。
POS以外にも、パソコンPOS・POSシステム・POSレジ・POSレジスタと呼ばれる。
POSの導入においての最大の利点は、商品名や価格、数量、日時などの販売実績情報を収集するため、「いつ・どの商品が・どんな価格で・いくつ売れたか」を経営者側が把握しやすく、売れ行き動向を観察できる点である。また、購買商品と購入者の年齢層、性別、当日の天気もデータを収集していることはよく知られている。
POSシステムは主に、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、ドラッグストア(薬局)、アパレルショップ、各種専門店、外食産業、ガソリンスタンド、ホテル、ドラッグストア(薬局)などのチェーンストア等で導入され、年々その機能が進化しているが、近年はその簡易版が一般商店などにも普及している。

pos(point of sale)の概要

POSシステムの分類

筐体一体型POSシステム
【主にコンビニエンスストアやスーパーマーケットで使用している機種で、「パソコン・ベースド・POS」とも言います】
オフィスコンピュータ等(オフコン=産業機器や家電製品などに内蔵される、特定の機能を実現するためのコンピュータシステムです。これを制御するためのOSは「組み込みOS」と言います。パソコンなどの汎用のコンピュータシステムとは異なり、要求される機能や性能が極めて限定され、厳しいコスト上の制限から利用可能な資源に強い制約があるのが特徴です。)を利用したものが、大手電気メーカーのPOSシステム用のOSとして利用され、スーパーマーケットやコンビニエンスストアで普及しています。POS専用の筐体の中にそれ専用のソフトウェアがインストールされ一体として販売されているため、ハードウェア、ソフトウェア別々の選択が許されず、 必要であればカスタマイズという方法にて多くの費用が必要になります。
また、Linux を利用した製品もリリースされています。 Windows Embedded(Microsoft社のパソコン向けOSをベースに開発された組み込みシステム向けOS)を利用したPOSシステムも最近多くみられます。
パソコンPOSシステム
【一般的なパソコンにPOS用の周辺機器をセットして、POSとして利用している】
パソコンPOSとは市販されているWindows 10,8,7,Vista等のパソコンに、POSアプリケーションソフトをインストールして、POSレジにしたものを「パソコンPOS」と言います。パソコンPOSシステムはメーカー、型式、OSに左右されず常に標準的な環境下で動くシステムとして構築されるため、ソフトの継承、ハード交換、機種交換が可能です。
*日本では、パソコンの形のまま使用するPOSシステムも、POSメーカーの作成したレジの形をしたPOSシステムも総じて「パソコンPOS」という言い方をしますが、 海外ではパソコンの形のまま使用するPOSシステムを「パソコンPOS」、レジの形をしたPOSシステムを「パソコン・ベースド・POS」と明確に使い分けされています。 弊社のPOSレジ「BCPOS」はこのパソコンPOSに分類されます。
タブレットPOSシステム
【iPadなどのタブレットを活用したPOSレジで、飲食店や小売店に多く導入されています】
タブレット(iPadや、Android・Windowsなどを搭載した薄型のコンピューター)に専用のアプリをインストールしてPOSレジにしたものを「タブレットPOS」と言います。ほとんどのサービスがクラウドシステムと連動して提供され、専用のシステムを構築する必要がないのが特徴です。Wi-Fi環境とタブレット端末があればすぐに利用開始できるため、「パソコンPOS」「パソコン・ベースド・POS」と比べて、初期導入費用を抑えられるだけでなく、軽量で持ち運び可能・省スペースで利用可能な点から、近年、飲食店やアパレルなどの小売店で急速に普及しています。

パソコンPOSシステムの利点

「筐体一体型POSシステム」と「パソコンPOSシステム」
先にも述べたように「パソコンPOSシステム」はメーカー、型式、OSに左右されず常に標準的な環境下で動くシステムとして構築されますが、「筐体一体型POSシステム」の場合は搭載される周辺機器(レシート・カスタマディスプレイ・バーコードリーダ・ドロア等)において常にメーカの指定機種でなくてはならず、 それ専用にプログラムもカスタマイズされ、メーカー、機種ごとに異なったプログラム作成が要求されます。 ソフトウェアの標準化ができない従来型のPOS専用機用に開発された機種依存の強いソフトウェアは、そのシステムの陳腐化とともに使い捨てになります。
POSメーカーのPOSレジは1つのラインナップは長くて4年~6年。そのため、4~6年前に導入したPOSレジの入替えをすると、すでにそれと同一機種はモデルチェンジしてなくなっており、何百万円もかけてカスタマイズしたプログラムが同じメーカーであってもすべて作り直しになるケースが多くあります。これはハードとソフトが一体であり、機種が変わることによってプログラムもすべて買い直しているからです。
「パソコンPOSシステム」は常にメーカー・機種に依存しないため、POSレジの入替えに伴い大規模なカスタマイズを行う必要はありません。
「タブレットPOSシステム」と「パソコンPOSシステム」
「タブレットPOSシステム」は簡易レジとして急速に広がっています。すべての機器が無線LAN、Wi-Fi、Bluetoothなどを用いた無線通信となりますので、導入時には通信環境を整えることが必須です。
機能面については簡易レジのため、大規模店舗や複数店舗を展開している場合に必要となる、多店舗管理・細かな商品登録・売上分析などの機能を本格的に活用したい場合には工夫がいります。また、導入後のサポート体制についても、メーカーによってまちまちであり、「パソコンPOSシステム」と同様のハードウェア保守は望めません。

ビジコムのPOSレジ「BCPOS」

ビジコムのPOSレジ「BCPOS」とは、パソコンにPOSアプリケーションソフトをインストールして、POSレジにした製品です。商品、顧客、売上、在庫、ポイント管理までしっかりと把握出来ます。1台でお店の様々な課題を解決する「オールインワンPOSレジ」です。

主な特長

在庫も顧客も見える
レジ画面で在庫を確認できるので、お客様の待ち時間を短縮できるだけでなく、在庫切れによる販売損失も防げます。また、購買履歴やカルテなどのお客様情報をレジ画面で見れるので、お客様に合わせた商品提案・サービスのご提供が可能です。
クラウドで複数店舗管理
クラウド型本部管理システム「Tenpo Visor」との連携によって、いつでもどこでも好きな時に、複数店舗の売上・在庫・顧客情報を確認できます。
お客様のスマホが会員証に
無料集客アプリ「みせめぐ」との連携によって、お客様がアプリで登録した情報を顧客情報として管理できるだけでなく、お客様のスマホが会員証やポイントカード代わりに。さらに、お店の情報をプッシュ通知で配信できるので、来店促進につながります。
ECサイト連携(楽天・Amazon・Yahoo!など)
POSで販売・入荷した情報が自動的にECサイトの在庫として反映され、リアル店舗とネットショップの在庫数を24時間365日自動で管理します。
多彩な決済(キャッシュレス決済)に対応
ICクレジットカード決済、Felica決済(交通系・企業系電子マネー)、銀聯カード、スマホ決済(モバイル決済・QRコード決済)が使えるからインバウンド需要にも対応できます。
免税(販売・免税書類電子化に対応)
BCPOSなら、外国からの観光客の免税販売にも柔軟に対応できます。(Wechat payやAlipayなどの中国観光客に人気のスマホ決済も可能)また、「免税書類作成システム」と連動することで、免税書類処理の高速化・時間短縮・混雑緩和を実現します。

さらに無料バージョンアップでお客様の負担を最小限に

大手POSレジメーカーでPOSレジを購入した場合、高価なうえに5年以上は使用するハードウェアが固定されてしまいます。ビジコムでは常に最新のサービスを提供しており、BCPOSをバージョンアップすることで時代に合った機能をご利用いただけます。つまり、これまでのような、POSレジの交換と同時にOSがバージョンアップすることで、それまで使っていたパッケージが使えなくなることや、大規模なカスタマイズの必要もなくなり、お客様の負担が少なくなります。POSレジの交換・新規導入をお考えの際は、是非、ビジコムのBCPOSをご検討ください。

クラウド

クラウドとは
「クラウドコンピューティング」を略して「クラウド」と言うことが多く(「クラウド:cloud=雲」)さまざまなデータを自分のパソコンやスマートフォンに保存するのではなく、インターネット上に保存する使い方やサービスのことを指します。
外出先のさまざまな環境のパソコンやスマートフォン等からデータを閲覧、編集、アップロードすることができます。

POS&クラウドの連携

「POS&クラウドの連携」で店舗間のコミュニケーションを大きく広げることが可能です。 各店のPOS情報を「クラウド」で連携することにより、チェーン店から単店舗まで、店舗間でも本部でも商品の動きや顧客の購買履歴などをリアルタイムに把握できるので、全店の動きをつかめ、すぐに次の店舗戦略に生かせます。

ビジコムのPOS&クラウド連携

その他のPOS関連用語

マーキング
集計を容易にするためバーコードと呼ばれるマーキングを用いることが多く、バーコードを商品へ付加するマーキング方法は2種類あります。
商品の製造過程でバーコードを印字またはシールを商品に付ける事を「ソースマーキング」と呼び、販売店舗にてバーコードを印字またはシールなどで付加する事を「インストアマーキング」と呼びます。主にインストアマーキングは、同じ商品でも量や重さ、サイズなどで販売価格が異なる場合(肉や魚、衣類など)や、製造数の少ない手作り商品などに使用され、その店舗または会社内だけで使用可能なコードを用います。ホテルなどではレストランのキャッシャー等でPOSレジを用いますが、バーコードを活用していないケースも多くあります。
ソースマーキング=(JANコード・ISBNコード) インストアマーキング=(インストアーコード)
バーコード
バーコード(Barcode)は、縞模様状の線の太さによって数値や文字を表す識別子です。数字、文字、記号などの情報を一定の規則に従い一次元のコードに変換し、レジスターなどの機械が読み取りやすいデジタル情報として入出力できるようにしています。

JANコード

JANコード(ジャンコード、Japanese Article Number)は、わが国の共通商品コードとして流通情報システムの重要な基盤となっています。 (JANコードは財団法人流通システム開発センターより発行されます。)
JANコードには、標準タイプ(13桁)と短縮タイプ(8桁)の2つの種類があります。さらに、標準タイプには、最初の7桁がJANメーカーコードとなっているものと、9桁がJANメーカーコードとなっているものに分けられます。
日本で最も普及している商品識別コードであり、JANコードから生成されたバーコードシンボルは市販される多くの商品に印刷または貼付されており、POSシステムや在庫管理、受発注システムなどで価格や商品名を検索するためのキーとして使われています。
商品にあらかじめ印刷されているJANコードには、価格データが含まれていません。この方式をNON-PLU(ノン・プライス・ルック・アップ)といいます。これは、同じ商品でも店により販売価格が異なるためです。POSシステムを採用している店では、お店独自の料金をPOSに登録する事により、料金付きバーコードラベルの発行、バーコードリーダーで読み取った際の、レジ画面に料金を表示する事を可能としています。

ISBN

ISBN(アイエスビーエヌ、International Standard Book Number)は、世界共通で図書(書籍)を特定するための番号です。日本語に訳すと国際標準図書番号となります。( ISBNは有限責任中間法人日本図書コード管理センターより発行されます。) 本に印刷されているISBNコードには、価格データを含む事が可能です。(2段バーコードの下段に価格データが含まれています。)
インストアーコード
インストアーコードとは、バーコードが印字されていない商品に社内用商品コードとして、商品に利用するプライベートなコードです。 生鮮品・JANコード未取得製品・手作り製品等で利用され、POSで持たせた独自のインストアーコードをバーコードラベルプリンターで印刷します。 バーコードを商品へ付加するマーキング方法は2種類あり、商品の製造過程でバーコードを印字またはシールを商品に付ける事を「ソースマーキング」と呼び、販売店舗にてバーコードを印字またはシールなどで付加する事を「インストアマーキング」と呼びます。主にインストアマーキングは、同じ商品でも量や重さ、サイズなどで販売価格が異なる場合(肉や魚、衣類など)に使用され、その店舗または会社内だけで使用可能なコードを用います。

POSレジBCPOSはこちら