画像:TenpoVisorロゴ 画像:freeeロゴ

クラウド店舗本部管理システム「TenpoVisor」と
会計ソフト「freee会計」がAPI連携

各店舗のPOSレジの売上データをクラウド店舗本部管理システム「TenpoVisor」で収集・集計。
API連携で会計ソフトfreee会計に自動仕訳を行い、勘定科目へ入力します。

クラウドだからパソコン・スマホでいつでもどこでも店舗の売上情報の確認や、経理作業が行えます。

TenpoVisorとfreee会計の連携でできること

TenpoVisorは店舗のPOSレジの売上データなどを収集・集計するクラウドシステムです。
1店舗に複数台あるPOSレジのデータも、チェーン店や複数店舗のPOSレジのデータも一元管理できます。

各店舗の売上データは自動仕訳をされ、freee会計に自動登録されます。
クラウド上でデータの登録が行なわれるので、経理の作業が初めての方でも簡単に経理業務を行えます。
TenpoVisorもfreee会計も業種を問わずご利用いただけます。

画像:TenpoVisorとfreee会計の連携でできること 画像:TenpoVisorとfreee会計の連携でできること

TenpoVisorと連動できるPOSレジについて

TenpoVisorはビジコムのPOSレジと完全連動しているので、簡単にクラウド上で売上・在庫・顧客情報の閲覧が可能になります。

ビジコム以外のPOSレジをお使いの場合でも、ビジコムAPIを使えば、TenpoVisorとPOSデータを連携してご利用いただくことができます。

クラウド会計ソフトfreee会計について

無料ではじめられるクラウド会計ソフトfreee会計。初めての決算書作成や確定申告も、簡単に行えます。 中小企業の経理・会計を自動化し、時間を削減。消費税増税やマイナンバー制度など税制・法制改正に無料で自動対応するから安心。

freeeについてはこちら

TenpoVisorとfreee会計の連携方法

TenpoVisorにログイン後、「TenpoVisorとfreee会計ソフトの連携開始」ページから手続きを行います。
事前に⽤意したfreee会計のアカウントでログインし、freee会計Webサイトで発行される「認可コード」を登録することでデータ連携を開始できます。

TenpoVisorに収集されたPOSデータは、会計データとして1日1回freee会計に自動でデータ連携します。

※TenpoVisorとfreee会計ソフトの連携にはTenpoVisorのご契約とfreeeのアカウントが必要となります。

画像:TenpoVisorとfreee会計の連携方法

連携マニュアルはこちら