POSレジのビジコム、ポイント交換サービス「PeX」と連携

報道関係者各位

  • 2018年11月1日
  • 株式会社ビジコム
  • 代表取締役社長 中馬 浩
POSレジのビジコム、ポイント交換サービス「PeX」と連携
お店のポイントが「PeX」を通じて現金や共通ポイントに交換できるサービスを開始

流通向けソリューションおよびPOSレジ・POSシステム開発の株式会社ビジコム(所在地:東京都文京区、代表取締役:中馬浩)は、ポイントを活用したマーケティングソリューション事業を展開する株式会社VOYAGE MARKETING(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:古谷 和幸)が運営するポイント交換サイト「PeX」と連携し、店舗が発行するポイントをお店で使うだけでなく、現金やマイレージ、仮想通貨など、自分の好きな特典に交換できる「ビジコムポイント交換サービス」を2018年11月1日から提供開始いたします。

ビジコムポイント交換サービス

ビジコムポイント交換サービス:https://www.busicom.co.jp/misemeg/pointexchange/

お店が発行するポイントを顧客が自由に現金や仮想通貨、通販ポイントなど生活で使えるポイントに

「PeX」は、現金やマイレージ、電子マネー、ギフト券など、顧客の用途に応じて自由に交換できるインターネットポイント交換業界最多のポイント交換サービスです。ビジコムのPOSレジとPeXが連携することにより、お店が買い物客(顧客)に付与するポイントを、そのお店で使えるだけではなくPeXを通じて、楽天ポイントなどの共通ポイントや仮想通貨Bitcoin、ANAのマイルなどの航空マイレージなどに交換できるようになります。お店が発行したポイントは、ビジコムのPOSレジを使う他店のポイントと合算し交換できます。たまにしか使わないお店で貯めたポイントとよく使うお店で貯めたポイントを合算して、大手ポイントサービスと同様に、顧客が使いたいサービスに交換してポイントを有効利用できます。

お店のポイントで顧客満足度をあげる「ビジコムポイント交換サービス」

この度のビジコムのPOSレジとPeXの連携により、顧客が持っているポイントを自由に選んで使っていただくことができるようになります。従来はポイントを発行したお店でしか貯める・使うことができなかったポイントを、他店のポイントと合算してPeXポイントに交換して利用するなど、顧客がポイント利用方法を選ぶことができます。顧客は店舗で使っていないポイントや有効期限が迫るポイントを有効活用できるようになります。個店ごとに発行しているポイントが大手ポイントサービスと同等なポイント発行のメリット訴求が可能になり、顧客満足度の向上、ロイヤル化、売上アップが期待できます。

「ビジコムポイント交換サービス」の導入に専用端末は不要

ビジコムのPOSレジは顧客管理機能の一つとして標準でポイント付与ができるので、ビジコムポイント交換サービスの導入に専用端末は不要です。会員管理には、会員カードまたは、ビジコムが提供する店舗集客アプリ「みせめぐ」のデジタル会員証(iPhone/Android対応、無料)を使うことで、お店はポイント管理、顧客はポイント利用ができます。顧客の会員カードまたは「みせめぐ」アプリで表示されるバーコードを読み取ることで、販売時にポイントを付与することができます。
顧客は、スマホで「みせめぐ」アプリを使用することで、ビジコムのPOSレジを使っている店舗のポイント残高や有効期限の確認が行えます。また、「みせめぐ」アプリ内でPeXポイントへの交換が可能です。PeXポイントの利用には、PeXポイントサービスサイトでの無料会員登録(「みせめぐ」アプリ内で登録可能)が必要です。

ビジコムポイント交換サービスの利用料金

初期費用:0円
月  額:2,000円(税別) / 店舗
※ 顧客がポイント交換した際の交換金額のみ導入店舗が負担。顧客は負担なし

「ポイント交換サイトPeX」について

ポイントを活用したマーケティングソリューション事業を展開する株式会社VOYAGE MARKETINGが運営するポイント交換サイト「PeX」は、グルメや家電、雑貨など、約6,000点の好みの商品や、生活ポイントに交換することができます。会員数は185万人を超え、業界最多6,000以上の商品、サービス(インターネットポイント業界において。VOYAGE MARKETING調べ)、交換によるポイント発行額は、累計340億円(2018年8月時点)と国内最大手のポイント交換サービスです。

WindowsPOSレジアプリ「BCPOS」について

「ポイント交換サイトPeX」について

「BCPOS」は販売開始から20年を迎える、小売・専門店等に100業種以上、18,000セットの導入実績があるWindowsOS対応のPOSレジアプリです。複数店舗あるチェーン店などではクラウドサービスをご利用いただくことで、全店舗の売上の管理だけではなく、在庫や顧客の管理、ポイント共有をすることができます。ビジコムのタッチパネルPC「Seavシリーズ」で構成されたPOSレジ・ハードウェアセットにはBCPOSの無料版アプリがプリインストールされており、手軽に店舗へ導入できます。QR決済やFelica電子マネー、ICクレジット、仮想通貨Bitcoinなどのキャッシュレス決済にも対応しています。また、カラー液晶画面のカスタマディスプレイも用意しており、購入品・金額表示だけではなく、お知らせなどを画像で表示するサイネージとしてもご利用いただけます。

BCPOS:https://www.busicom.co.jp/bcpos/
Seavレジセット:https://busicom.co.jp/lp/seavposregi/

株式会社VOYAGE MARKETINGについて

株式会社ポイント交換サイト「PeX」をはじめ、ポイントサイト「ECナビ」など、VOYAGE GROUPが持つポイントサービスおよびメディア事業の運営ノウハウを活かし、会員をもつ事業者に対し、ポイントを活用したマーケティングソリューションを提供しています。
・代表者:代表取締役 古谷 和幸
・設 立:2007年1月22日
・本 社:東京都渋谷区神泉町8-16
・資本金:1億9,800万円(VOYAGE GROUP100%)
・URL: https://voyagemarketing.com/
・事業内容:メディア事業/ポイント事業/マーケティング事業

【会社概要】

会社名
株式会社ビジコム
代表者
代表取締役 中馬 浩
資本金
7,000万円
創 業
1986年3月
所在地
〒112-0014 東京都文京区関口1-20-10 住友不動産江戸川橋駅前ビル
連絡先
TEL:03-5229-5190(代) FAX:03-5229-5199
URL
https://www.busicom.co.jp/
E-mail
info@busicom.co.jp
事業拠点
東京本社・大阪支店・福岡営業所・岩国事業所・周防大島サテライトオフィス
事業内容
*流通関連システムの開発と販売
・POSレジアプリ「BCPOS」
( https://www.busicom.co.jp/bcpos/)
・免税書類作成システム「あっと免税」
( https://bc-taxfree.jp/ )
*流通向けクラウドシステム開発
・クラウド型店舗本部管理システム「TenpoVisor」
( https://www.tenpovisor.com/ )
・無料集客アプリ「みせめぐ」
( https://www.busicom.co.jp/misemeg/ )
*流通関連機器販売
・POS用周辺機器/消耗品通販サイト「パソコンPOSセンター」
( http://www.poscenter.jp/ )
  • 本サービスは株式会社ビジコムによる提供です。
    本サービスについてのお問い合わせは Amazon ではお受けしておりません。
    株式会社ビジコムPeXポイント連携事務局info@misemeg.jpまでお願いいたします。
  • Amazon、Amazon.co.jp およびそのロゴは Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。
  • 「WAON」はイオン株式会社の登録商標です。
  • 「楽天Edy(ラクテンエディ)」は、楽天グループのプリペイド型電子マネーサービスです。
  • 「nanaco(ナナコ)」は、株式会社セブン・カードサービスの登録商標です。
  • Apple Inc.は、本サービスのスポンサーではありません。
  • iTunesギフトコードは、日本のiTunes Storeのみでご利用可能です。
  • iTunes は、Apple Inc.の商標となります。
【本件に関するお問い合わせ】
株式会社ビジコム
TEL:03-5229-5190/FAX:03-5229-5199
E-Mail:kikaku@busicom.co.jp

プレスリリースラインナップ