リテールテックJAPAN2018

■第34回流通情報システム総合展リテールテックJAPAN2018に出展致します。■

株式会社ビジコムは、2018年3月6日(火)~3月9日(金)の期間中に東京ビッグサイトで開催される「リテールテックJAPAN2018 」に出展し、POSソリューションにとどまらず、POSを通じた集客等のマーケティングの課題まで幅広く解決策をご提案して参ります。

【オールインワン決済対応の多機能POSレジ】

POSレジ1台でお店の課題解決

販売機能に加え、在庫管理、多店舗管理、免税、キャッシュレス決済など、多彩なソリューションと連携しお使いいただけるので、インバウンドなど様々な場面や多業種に幅広く対応できます。また、ICクレジットカード、FeliCa、中国人に人気のスマホ決済「WeChat Pay」や話題の仮想通貨「ビットコイン」などオールインワン決済に対応します。

【インバウンドソリューション】

時代のニーズに合わせたインバウンド対応!

免税販売書類作成システム「あっと免税」や、訪日外国人の宿泊時手続を簡易化した「あっとパスポート」、中国人に人気のスマホ決済「WeChat Pay」など、訪日外国人対応のインバウンドソリューションをご紹介いたします。

【クラウドで各店のPOSデータをリアルタイム集計】

リアルタイムで売上・在庫を確認できる店舗本部管理システム

TenpoVisorは、各店のPOSから吸い上げた情報をサーバーで集計して、売上管理、商品の売行き情報、マスタ管理、在庫数管理、顧客購買履歴、ポイント発行数等をリアルタイムで確認・管理ができ、さらに全店舗にデータを即座にレポートできるクラウド型店舗本部管理システム(ASP/SaaS)です。

【POSレジ連動の集客アプリ】

デジタル会員証・電子レシートを活用した集客

スマホアプリ「みせめぐ」とPOSレジとのクラウド連携により、スマホを集客ツールとして活用できます。
ポイント発行ができるデジタル会員証、購買履歴としての電子レシートの発行、お店の情報発信をおこなえるプッシュ通知などのサービスをご利用いただけます。

【ビジコムのハードウェア・周辺機】

お店の環境に合わせて選べるハードウェアと多彩な周辺機器

POSレジとして使えて、免税やキャッシュレス決済ソリューションなどと連携できる汎用性の高い「Seav」や、PCと接続して電源不要のデジタルサイネージとしても使えるセカンドディスプレイなど多彩な周辺機器を展示いたします。

RETAILTECH JAPAN 2018 出展概要

展示内容
・POSレジ
・キャッシュレス決済「Bitcoin」「WeChat Pay」、2020年に向けたクレジットカードのIC化など「決済ソリューション
・クラウド連動型POSアプリ「BCPOS」(小売業向け)
・クラウド型本部管理システム「TenpoVisor
・POSレジ連動スマホ集客アプリ「みせめぐプロモーション
・免税書類作成システム「あっと免税」(免税店向け)
・パスポートスキャンシステム「あっとパスポート(ホテル旅館向け)」
・ハンディPOSシステム「HD-POS
・飲食業向けオーダリングシステム「BCPOSオーダー」 (飲食向け)
・ECサイト&POS在庫連動「EC POS LINK
・クラウド型簡易WEB POS「TenpoVisor POS
ビジコムハードウェア製品・周辺機器

■ RETAIL TECH JAPAN 2018概要
* 会期:2018年3月6日(火)〜9日(金)
* 時間:10:00~17:00 最終日は16:30迄
* 会場:東京国際展示場[東京ビッグサイト]
(東京都江東区有明3-11-1)
* 主催:日本経済新聞社
* 弊社出展スペース:東1ホール、RT1104
* リテールテックJAPAN http://www.shopbiz.jp/rt/
* アクセスマップ http://www.shopbiz.jp/rt/access.html

2017年度 展示風景

リテールテック2017 昨年の様子

展示会ラインナップ